メニュー

訪問診療について

訪問診療と往診の違い

「訪問診療」は、通院が困難な患者さんに対して行う「自宅診療」で、計画的な医学管理のもとにスケジュールや診療方針を作成し医師や看護師が定期的にご自宅に訪問し診療を行います。
「往診」は、急病や症状の急変などの際に医師がご自宅へ訪問し、患者さんを診察します。

24時間365日体制でいつでもサポート

当院で訪問診療を受けられている患者さんには、24時間365日対応いたします。電話での対応だけでなく、必要時には臨時の往診や入院の手配などを行います。

充実した支援体制で医療機関や他職種と連携

患者さんの症状に関する情報を看護師・ケアマネジャーなどと共有し、適切なサービスが提供されるよう努めます。自宅での療養が難しくなった場合は、医療機関や施設等をご紹介します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME